So-net無料ブログ作成

2011年7月26日の3大市場 [株]

米商務省が発表した6月の新築1戸建て住宅販売(季調済み)は前月比1.0%減の
31万2000戸と、市場予想(0.3%増・32万戸)に反し減少した。

スタンダード・アンド・プアーズが26日発表したS&P/ケース・シラー住宅価格指数によると、5月の主要20都市圏の住宅価格動向を示す指数は 季節調整済で前月比変わらず(予想と一致)となりました。
季節調整前では前月比1.0%上昇(予想0.7%上昇)し、2カ月連続で上昇しました。
前年比では4.5%低下(予想と一致)

コンファレンスボード消費者信頼感指数59.5(予想56.0)

7月リッチモンド連銀製造業指数-1(予想+5)


7月26日のアメリカ市場は
ダウは91ドル50セント安の12501ドル30セントで終了しました。
ナスダックは2839.96(-2.84)で終了しました。
S&P500は1331.94(-5.49)で終了しました。

シカゴ日経平均先物10055円で終了しています。
原油価格は99ドル59セント(+39セント)で終了しました。
金価格は1616ドル80セント(+4ドル60セント)で終了しました。


7月26日の上海総合指数は+14.280の2703.026と反発しました。
上海 B   278.462 + 1.995
深センB   734.285 + 3.761  

7月26日の香港市場は反発しました。
香港ハンセン  22572.08 +278.79
H    株    12604.68 +164.04
レッドチップ     4276.19 + 54.93


7月26日(火)の日本市場の前場は小高く始まり、マイナスになる場面もありましたが、
もみ合いの範囲内でした。
後場は一段高く始まり、常に前場の水準を上回りました。

日経平均  10097円72銭 47円71銭高
TOPIX      866.20  + 4.29              
東証2部   2302.54  - 6.56                 
ジャスダック 1289.79  - 3.62               
マザーズ    483.32  + 1.30

2011年7月26日の日経平均   2011年7月26日の日経平均先物

始値 10078円48銭( 9:00)      10080円( 9:00)
高値 10130円25銭(13:23)      10130円(12:39)
安値 10043円99銭(10:46)      10040円(10:04)
大引 10097円72銭(15:00)      10110円(15:15)

        日経平均今年の高値       日経平均今年の安値

終値    10857円53銭(2月21日)   8605円15銭(3月15日)      
ザラバ   10891円60銭(2月17日)   8227円63銭(3月15日)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私の備忘録
2010年 終値
 
ダウ 11577ドル51セント
ナスダック 2652.87
S&P500 1257.64

シカゴ日経平均先物 10210円
原油価格 91ドル38セント
金価格 1421ドル40セント

上海総合指数 2808.077
上海B  303.346
深センB 824.822 

香港ハンセン 23035.45    
H     株  12692.43 
レッドチップ   4170.15

日経平均   10228円92銭             
TOPIX      898.80
東証2部    2207.79
JASDAQ    1255.04 
マザーズ    433.63  

nice!(0)  コメント(10) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 10

wine

おはようございます。
ようやく言っていたことが周知になったのと、大きく利益確定できたので
ハイになっていました。
ゴメンなさい!<(_ _)>

大まかな予想はできても、時期はすぐ直前まで観察しないと難しいです。
 (観察して間違いそうなら、すぐ起きる前に修正!)

インカム重視は絶えず万が一を考えるからです。
心理的安定をもたらします。
(仕事がなくなったら。体が動かなくなったら。)


>後はこのシナリオを覆す要因が出現することを見極めることができれば概ねOKです。
後は短期の急落局面(特に短期急落・長期上昇場面で)で、いかに買えるかでしょう。

 言われるとおりです。債権、FX、株、REAT、すべて同じです。
 正確には生鮮品以外全て価格のあるものは全てそうです。

 

債権、REAT、FX(インカム用)、株、ともに売買しやすいため連動性があります。楽しく待っています。

アメリカ、インドは亀のように遅くbuy
日本は現在のものをホールド
(ダイブした戦利品です。全く売る気はありません。現在38%プラス)
中国はstrong sell

ゆ~~くり 債権、REAT、ともにbuy(癖を見るため少し買います。)
私の口座が保有しないと詳しい資料が出ないためです。
間はたまにやるスキャルで埋めます。(スキャル用総資金2割は口座を移動させて、株、FXでも使います。)
(あまりできないので大きな額ではないですが先月中盤より今月は完全にプラ転です。マイナス予算を組まないでいいだけでもいいです。)

債権価格が安定しています。BB-,BBBのものです。
最初はBBBから買い,次にBB-を組み入れます。
仕上げはcクラスです。
 こういう風に仕込むと状況でバランスを変えられるのが魅力です。

時間が過ぎて方針が固まってきたのが嬉しいです。
ようやくわかりました。
今年のコンゼプトはadagissimo、sehr geschwind「非常に緩急をつけて」ですね!


(^^)


by wine (2011-07-27 08:57) 

renbajinharuhi

>ようやく言っていたことが周知になったのと、大きく利益確定できたのでハイになっていました。
先読み命の方には自分の見通しが当たり、かつ利益になったのですからハイになるのは当然です。
予想を当て、ガンガン儲けましょう。

>adagissimo、sehr geschwind「非常に緩急をつけて」
これがうまくできれば最高です。
あくまで中長期での流れだけは見誤らないようにしたいと思います。

今週末から来週初にかけて何が起こるか見ものです。
(大笑いできる場面がアリやナシや)
by renbajinharuhi (2011-07-27 10:32) 

wine

ありがとうございます。
(_ _)

多分、可決だろうが否決だろうが大小はあれ、いずれ売られると思います。
「知れたら仕舞い!」
おそらく私の出番は近いです。
インカム拡大序盤戦です。
(^^)
焦りは禁物です。
今のところ中盤で書いたとおりですね!
(オルトAのクローズアップはあるのになかったです。それが今やっている引当拡大です。たしかに知れると不味い!!)
by wine (2011-07-27 10:55) 

renbajinharuhi

キャッシュポジションは高くなっています。
(毎月何かのインカムがありますので)
宝くじ的感覚で(配当金の範囲内で)先月買った銘柄以外は何も買っていません。(中長期分)

デイトレ感覚で東京電力をいじってみましたが、やはり大きな金額はかけられません。

自分の本来の買い場を焦らず待つことにします。
商社株などは四季報データではまあまあの利回りになっています。(5%にはとても届きませんが)
by renbajinharuhi (2011-07-27 14:30) 

wine

こんにちわ!
renbajinharuhiさん!
前日の重要指標です。

ドイツGFK消費者信頼感調査 予想5.6 実績5.4

英国第2四半期GDP速報値 予想+0.7% 実績+0.7%

米国5月S&Pケース・シラー住宅価格指数 -4.65% 実績-4.51%

米国7月消費者信頼感指数 予想57.9 実績59.5

米国リッチモンド連銀製造業景況指数 予想+5 実績-1

米国6月新築住宅販売件数 予想32万件 実績31.2万件

季節調整を考えると今が底、もしくは周辺の感じです。
(^^)
いい感じ!!!


アメリカだとAT&Tが5%くらいだったと思います。
あとマック、ケンタッキーも高かったような?
GEも悪くなることはなかったと思います。

 基本インカムは、債権、REAT、FXで利回りを稼ぐので
(^^)

メール送ります。



by wine (2011-07-27 18:35) 

renbajinharuhi

こんばんは、wineさん。
メールをありがとうございます。

インカムは債券、REIT、株式の順です。
債券の満期は2013年が多くなっています。
このままでは2年後にインカムが激減しそうなので何らかの手段を講じたいと思います。
インカムを現在の2倍にできるよう努力します。

欧米株式市場は8月2日を織り込みに行っているような動きです。(リスク資産の減少)
by renbajinharuhi (2011-07-27 22:47) 

wine

あくまで予測ですが、おそらく2度落ち込みがあると思います。
近場では8月2日から少しして?、遠くでは10月前後?
 そこが最底値化はわかりませんが、買うつもりです。
(無論米国、欧州物しか知りません。ごめんなさい!(_ _)この前しらべたのでJーREATなら少し。)
(^^)

ドラキとGS、FRB、米国政府を考えるとそう思えます。
(イレギュラーは別)

だからBBBから仕込むつもりです。2度目にBB-、Cクラスを組み込みます。配合で月利で0.8~1.7%は出ると思います。
(FXの配合の代わり。懲りない人です。わたしは!(><))

投信ならこの比率は注意が必要です。(動き、利率が違ってきます。)
あと欲をいえばでフォルド率。

底値で買えば買うほど配当は同じなので利回り支払いは上がります。
(しかし止まらないとドボン!!チキンレース?)

>インカムを現在の2倍にできるよう努力します。

2倍かわかりませんが、1.5はいけると思います。
しかし、2倍と思い込まないとできないともお思います。


>インカムは債券、REIT、株式の順です。

ご存知でしようが、くせの違う株みたいなものです。
調べて理解しました。(少し費用が!)(TT)
(^^)

FXは、かなり違いますが。
(時期次第で同様の効果は出せます。レバがあればいつでも!!損がない!!)
 故に失業すればもちろん個人事業者になります。(ぬるいけど100倍まで使える。)

(^^9


by wine (2011-07-28 00:16) 

renbajinharuhi

おはようございます、wineさん。

8月は円高になりやすいアノマリーもあり、日本のハイテクの仕込み場があるかもしれません。
7月30日、31日の市場が休場の間に発表がないとすれば、8月2日のXdayまでいよいよ猶予がなくなってきました。
欧米市場はリスク回避に動き出してきたようです。

配当金、分配金、利金などが一定ならば価格が下がるほど利回りが高くなりますので、5%になれば永久保有できる投資対象ならば額の多寡はわかりませんが買う可能性は十分あります。

by renbajinharuhi (2011-07-28 07:45) 

wine

ここにきて話し合いはもめているご様子。
有権者は賛成が多くなっています。

バカンスの時期でもあり、トッププレイヤーは休暇に入ります。
 故に、セカンドの義務は資産を守ることであり、ディフエンシブな動きは増えやすくなります。
当然、この3ヵ月は好機到来です。
 ゆ~~~っくり仕込んでいきます。(時に債権)
種まきの季節です。(うまくいけば6割を入れこみます。)
 無論私のような凡人には努力の季節です。
 指標チェツクを続けます。

 8月2日は、今年の一回目に魅せ場ですね!

 

(^^)

by wine (2011-07-29 02:34) 

renbajinharuhi

おはようございます、wineさん。

今年一番のイベントがいよいよ佳境に入ってきました。
夏休みで市場参加者が少ない中での大イベント、値ブレが大きくなりそうです。
中長期の仕込みはもちろん、短期投資家も活躍の場がありそうです。

本来と違う形でのサマーラリーがありそうです。
(菅さんの中での大きな値動き)
   ↓
すごい誤変換 (><) 日本限定では正しい??
閑散の中での大きな値動き
by renbajinharuhi (2011-07-29 07:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。