SSブログ

2011年3月14日の3大市場 [株]

日銀は14日に開いた金融政策決定会合で、リスク資産を中心に資産買い入れ基金を
5兆円程度増額する追加金融緩和を決定しました。
基金の総額は40兆円程度、資産買い入れ規模は従来の5兆円から10兆円に増えます。
また、短期金融市場に15兆円の資金供給を実施しました。

フランス原子力安全当局は14日、福島の原子力発電所での事故について、
国際基準で定められているレベル7までの分類のうち、レベル5もしくは6に該当する可能性が
あるとの見解を明らかにしました。
これは1979年の米スリーマイル島原発事故に匹敵する水準としています。
また1979年の米スリーマイル、1986年の旧ソ連のチェルノブイリ、今回の福島が
世界の3大原発事故と言われています。

東日本大震災について、今のところ把握できる被害状況からエコノミストらが試算したところ、
被害総額は阪神淡路大震災の10兆円規模を超えるとの分析が浮上しています。
ただ、被害の全貌が把握されていませんので、この金額は増加するでしょう。


アメリカ市場は本日より夏時間になっています。
3月14日のアメリカ市場は
ダウは51ドル24セント安の11993ドル16セントで終了しました。
ナスダックは-14.64の2700.97で終了しました。
S&P500は1296.39(-7.89)で終了しました。

シカゴ日経平均先物は9375円で終了しています。
原油価格は101ドル19セント(+3セント)で終了しました。
金価格は1424ドル90セント(+3ドル10セント)で終了しました。


3月14日の上海総合指数は+3.830の2937.626と反発しました。
上海B  320.147 + 0.440
深センB 827.554 - 2.240 

3月14日の香港市場は反発しました。
香港ハンセン 23345.88 + 96.10
H    株   12882.75 +130.74
レッドチップ   4044.76 +  3.07


3月14日(月)の日本市場の前場は200円超の大幅安で始まり、
そのあとも下げ幅を拡大しましたが、最安値よりは戻しています。
後場も下げ幅を広げ、下げ幅は2008年10月24日(811円90銭安)以来の
大きなものになりました。
終値は前週末比633円94銭(6.18%)安の9620円49銭でした。
下落率は歴代20位の大きさです。
節目の1万円を大幅に下回り、2010年11月4日以来、約4カ月ぶりの安値水準になりました。

日経平均   9620円49銭 633円94銭安
TOPIX     846.96  - 68.55           
東証2部   2149.94  -225.04                
ジャスダック 1176.54  -132.70               
マザーズ    409.89  - 84.94


日経平均今年の高値   

終値       10857円53銭(2月21日)       
ザラバ      10891円60銭(2月17日)



 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私の備忘録
2010年 終値
 
ダウ 11577ドル51セント
ナスダック 2652.87
S&P500 1257.64

シカゴ日経平均先物 10210円
原油価格 91ドル38セント
金価格 1421ドル40セント

上海総合指数 2808.077
上海B  303.346
深センB 824.822 

香港ハンセン 23035.45    
H     株  12692.43 
レッドチップ   4170.15

日経平均   10228円92銭             
TOPIX      898.80
東証2部    2207.79
JASDAQ    1255.04 
マザーズ    433.63  


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。