So-net無料ブログ作成

2011年3月7日の3大市場 [株]

ムーディーズ・インベスターズ・サービスは7日、ギリシャの債務削減計画に対する懸念を理由に、
同国の信用格付けを従来の従来の「Ba1」から3ノッチ引き下げ「B1」としました。

米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が初めて日本にやってきます。
3月21日に自家用ジェット機で韓国を飛び立ち、福島空港に到着します。
目的はいわき市に本社を置く超硬工具メーカーのタンガロイの新工場の開業式典への参加です。

「ルイ・ヴィトン」など高級ブランドを持つ仏LVMH(モエヘネシー・ルイヴィトン)は7日、
イタリアの高級宝飾ブランド「ブルガリ」を買収すると発表しました。
買収額は最大37億ユーロ(約4200億円)に上る可能性があります。
ブルガリの経営者一族が保有する同社株50%超とLVMHの株式を交換する形で行われ、
LVMHは残りのブルガリ株式についても、公開買い付けで取得します。
ブルガリの経営者一族は、LVMHの第2位の株主になる見通しです。


3月7日のアメリカ市場は
ダウは79ドル85セント安の12090ドル03セントで終了しました。
ナスダックは-39.04の2745.63で終了しました。
S&P500は1310.13(-11.02)で終了しました。

シカゴ日経平均先物は10450円で終了しています。
原油価格は105ドル44セント(+1ドル02セント)で終了しました。
金価格は1434ドル50セント(+5ドル90セント)で終了しました。


3月7日の上海総合指数は+53.904の2996.210と続伸しました。
上海B  320.792 + 3.971
深センB 827.179 + 9.885 

3月7日の香港市場は反落しました。
香港ハンセン 23313.19 - 95.67
H    株   12820.81 - 28.96
レッドチップ   4082.41 - 23.20


3月7日(月)の日本市場の前場は安く始まり、下げ幅を拡大しました。
後場は下げ幅をさらに拡大し、一時10500円を割り込みましたが、大引けではかろうじて
10500円台を維持して終了しました。

日経平均  10505円02銭 188円64銭安
TOPIX     941.63  -13.96           
東証2部   2420.30  - 5.54                
ジャスダック 1338.38  - 2.73               
マザーズ    517.43  - 7.58


日経平均今年の高値   

終値       10857円53銭(2月21日)       
ザラバ      10891円60銭(2月17日)



 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私の備忘録
2010年 終値
 
ダウ 11577ドル51セント
ナスダック 2652.87
S&P500 1257.64

シカゴ日経平均先物 10210円
原油価格 91ドル38セント
金価格 1421ドル40セント

上海総合指数 2808.77
上海B  303.346
深センB 824.822 

香港ハンセン 23035.45    
H     株  12692.43 
レッドチップ   4170.15

日経平均   10228円92銭             
TOPIX      898.80
東証2部    2207.79
JASDAQ    1255.04 
マザーズ    433.63  


nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 6

wine

こんばんわ!
renbajinharuhiさん!
バフェットは凄い!
(やはりジムさんより取っている。)
リーマンから少しした時点でほとんどの株を売りバークシャーの屋台骨を揺るがすほどに資金を使いノーザンという鉄道会社を買収しています。
今鉄道はガッチリです。
本当の底でしたから対抗会社を見ても2倍は楽に堅いと思います。

 わかっていても買えないところを買う。
さすがバフェットです。
私は臆病なので彼ほどは買えません。(><)
師匠も同様ですが、出来ないことをやれる方は尊敬します。

 マフィアの大親分並みの度胸です。
(失敗していればバークシャーはつぶれています。)
 これで、会社の資産は2~3年で2倍以上です。

 バカげた成長率です。

(^^)

メール送りました。
 
by wine (2011-03-08 22:16) 

wine

その当時、バークシャーは一気に黒字から赤字転換でした。
その時資金をそろえるため、底値で拾ったGSやウェルファーゴ、長年持っていたコカコーラなど保有株を7割がたを売却しています。
 本当の勝負です。

 彼がいる限りおそらくバークシャーは無敵です。
(当時、プロでも笑っている方が多かったと思います。)

 私にはこの度胸が決定的に足りません(TT)

(^^)
by wine (2011-03-09 04:29) 

renbajinharuhi

おはようございます、wineさん。
メールをありがとうございました。

人には持っているもの、持っていないものがそれぞれあります。
もちろん努力や勉強で身につけることができる場合も多くありますが、自分の持っている長所を伸ばすことが多くの場合、良い結果をもたらします。

勝ち負けがある以上、勝負度胸は必要です。
勉強等により80%、90%、95%、99%と自信は深まっていきますが、100%にはなりません。(100%と思っているだけ)
とことんまで突き詰めても(これも突き詰めたつもりなのでしょう)最後には踏み出す決断が必要です。
決断をしても1点全額またはそれ以上(レバレッジ)勝負はできません。

早く、大きくはすべての人の理想ですが、自分の長所を生かせば必ず成功できるのではないでしょうか。
by renbajinharuhi (2011-03-09 07:48) 

wine

このような人を意識することによって、増長する心を絶えず抑えることが出来ます。
 (私のスタイルは特に最大の敵は自分です。)

 その意味でとても有意義なことです。
 
人の成功と自分の失敗は忘れるべきではないと思っています。

 今FXは正念場です。
赤くなりっぱなし!!
 積み増します。(^^)
後1割送金中です。

 ユーロ変動が予想を超えている場合もあります。
そのためのパチパチ生活です。
 外出時の電卓持ち歩いています。
(自分でくみ上げると、この点は便利!)

 先物石油はホールド!!
落ちようによっては積み増します。
 金鉱株はビクビクで増やしています。
 利益に対し安過ぎます。

 ロシアもころ合いかもしれません。

 極めて微妙な展開です。(??)

(^^)
by wine (2011-03-09 08:06) 

wine

追伸
ついでに札幌に住んでいるのでマンション状況を調べてみようと思います。
(買うかどうかはわかりません。)
(^^)
by wine (2011-03-09 08:19) 

renbajinharuhi

引き続きのコメントありがとうございます。

確かに投資における最大の敵は他の投資家ではなく、自分自身にあります。
少なくとも新規のポジションを建てる判断は自分自身で行うのですから。
(まさに投資は自己責任)

メンタルは人それぞれなので後はマネーマネジメントでカバーすると言う考え方があります。

一番単純なのは足し算投資か掛け算投資かと言うことです。
1000万円を1500万円にできる手法があったとします。(50%増)
もちろん自信を持つでしょう。
ただ、完璧な手法はないので負けることもあります。
其処で増えた1500万円を次の勝負にどうするかと言うことです。

1.あくまでもこの手法では1000万円勝負する
成功すれば1000×1.5=1500万円になります。
失敗すれば1000万円が減少の対象になります。
成功・失敗に限らず500万円の現金が手元に残ります。

2.最大の複利効果を考えて1500万円全額勝負する
成功すれば1500×1.5=2250万円になります。
失敗すれば1500万円全額が減少の対象になります。

1.が足し算投資、2.が掛け算投資です。

大多数の投資家は意識するしないにかかわらず2.を選択しています。


人口減少もあって都市と地方の格差は広がっています。
不動産投資は都市部に限るなどと言われていますが、実際に調べてみた人の感覚はマスコミで言われていることより確実です。
ただ、仕事と現在の投資でも大変なのに不動産の研究とは実にエネルギッシュと感心します。(好きだからできるのですよね)
by renbajinharuhi (2011-03-09 08:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。