So-net無料ブログ作成

2011年1月18日の3大市場 [株]

米財務省が18日発表した11月の海外投資家による対米証券投資は390億ドルの買い越しと
なり、上方修正された前月の151億ドルから増加しました。

1月のニューヨーク連銀製造業景気指数は11.92(予想12.50)でした。


2011年1月18日のアメリカ市場は
ダウは50ドル55セント高の11837ドル93セントで終了しました。
ナスダックは+10.55の2765.85で終了しました。
S&P500は1295.02(+1.78)で終了しました。

シカゴ日経平均先物は10575円で終了しています。
原油価格は91ドル38セント(-16セント)で終了しました。
金価格は1368ドル20セント(+7ドル70セント)で終了しました。


1月18日の上海総合指数は+2.319の2708.979と反発しました。
上海B  295.634 - 1.553
深センB 806.050 + 6.926 

1月18日の香港市場はまちまちでした。
香港ハンセン 24153.98 -  2.99
H    株   12967.20 + 29.15
レッドチップ    4229.76 -  4.25


1月18日(火)の日本市場の前場は小安く始まった後はじりじりと戻し、プラスに転じました。
後場はプラス圏での小動きに終始しました。

日経平均  10518円98銭 16円12銭高
TOPIX     931.58  + 2.85           
東証2部   2278.51  - 5.84                
ジャスダック 1309.52  - 0.64               
マザーズ    470.28  - 6.15


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私の備忘録
2010年 終値
 
ダウ 11577ドル51セント
ナスダック 2652.87
S&P500 1257.64

シカゴ日経平均先物 10210円
原油価格 91ドル38セント
金価格 1421ドル40セント

上海総合指数 2808.77
上海B  303.346
深センB 824.822 

香港ハンセン 23035.45    
H     株  12692.43 
レッドチップ   4170.15

日経平均   10228円92銭             
TOPIX      898.80
東証2部    2207.79
JASDAQ    1255.04 
マザーズ    433.63  


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 2

wine

こんにちわ!
renbajinharuhiさん!


昨夜(現地1月18日)の海外市場の動きです。
 欧州市場は、 EFSF(欧州金融安定化取極)の拡大に関する議論が続いています。
 ドイツはEFSFの無制限な拡大には反対の立場を取っていますが、その態度は軟化していると伝えられています。そのため、これを囃してユーロは買い進まれています。
 一方、ロシアがスペインの国債の購入を検討していると伝えられたため、スペインのIBEX35指数が堅調です。
 英国の12月の消費者物価指数は予想を遥かに上回る数字でした。
 1月のZEW景況感調査では欧州、ドイツともに予想を大幅に上回る数字だったようです。
 スペイン、ギリシャ、ベルギーなどの国債入札は問題無く消化されています。
 結果下記の通り堅調でした。
英国FTSE100指数+1.18%
フランスCAC40指数+0.94%
ドイツDAX指数+0.92%
スペインIBEX35指数+2.95%
イタリアMIB指数+1.16%

これを受けた米国市場】は、シティグループ(C)-6.43%ならびにデルタ航空(DAL)-8.22%の決算は市場予想を下回りました。
アップル(AAPL)-2.25%はスティーブ・ジョブスCEOが病気療養の休暇に入るという報道で安くなっています。(これは痛いです。ワンマンですから!(^^))
米国債が売られています。(債券市場は軟調になっていくと思います。)


ダウ工業株価平均指数11837.93+0.43%
NY証券取引所出来高10.86億株+9.37%
ナスダック総合指数2765.85+0.38%
ナスダック出来高20.22億株+0.00%


前日の主要国の発表指数

英国12月消費者物価指数 予想+3.4% 実績+3.7%

英国12月消費者物価指数(コア) 予想+2.7% 実績+2.9%

欧州1月ZEW景況感調査 予想+16.6 実績+25.4

ドイツ1月ZEW景況感調査 予想+7.0 実績+15.4

米国1月ニューヨーク連銀製造業景気指数 予想+13.00 実績+11.92

米国1月NAHB住宅市場指数 予想17 実績16

ドイツ、英国が良好です。


今日の経済指標

6:30PM 英国12月失業率 予想4.5%

6:30PM 英国12月失業保険申請件数 予想+0%

10:30PM 米国12月住宅着工件数 予想55万件

10:30PM 米国12月建設許可件数 予想55万件


「今日の注目点は米中首脳会談 かな?」と思います。


世界的流れとしてはユーロ問題に再び投資家の関心が集まっている。米国では決算シーズンがキックオフされています。穀物や原油価格が新値をつけています。食品インフレに対する不安から金利上昇を招きアジア株は波乱含みと思われます。


テクニカル的には米国市場は上昇トレンドです。
ディストリビューション
ナスダックが2
S&P500が2

ブルベア指数強気57.3%弱気19.1%
ショート・インタレスト比率13.48
プット/コール・ボリューム0.60

明らかに怖い状況です。
また、CPIも1.5%です。
暇な時なら、バーナンキ、FRBの動きを丁寧に対処してぎりぎりまで我慢するのですが、忙しい間は無理なので無理せずフルで利確しています。

 流動性資金の引き締めを意識した布石をゆっくり打っていきます。
(^^)

 ターゲットとしては急落すれば米国(ゆっくりした経済成長)、ロシア(財務が最も健全)、中東(経済成長率が高い)、インド(大幅安の買い場到来?
金融政策が後手に回っています。)考えます。
(^^)





by wine (2011-01-19 11:31) 

renbajinharuhi

こんにちは、wineさん。
経済指標をありがとうございます。

注目の米中首脳会談ですが、一方的にどちらかの国に有利な内容はでないはずなので(両国とも面子がある)発言や発表分の行間をどのように読むかがポイントになるでしょう。(緩やかな元高?)

株の儲けは辛抱料と言う格言がありますが、時間をかけて成長を待つという考え方のほかに、買いタイミングが来るまでキャッシュポジションを維持すると言う辛抱も必要なのでしょう。
by renbajinharuhi (2011-01-19 13:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。